福岡YMCA

いじめのない世界をつくる!文部科学省後援ピンクシャツDAY

YMCAピンクシャツデーは文部科学省のご後援をいただいています。
いじめのない世界をつくる!2/20(月)~2/25(土)ピンクの物を身につけて、いじめ反対!

Pink Shirt Day★「PINK SHIRT DAY(ピンクシャツデー)」とは?★

2007年カナダ。ピンクシャツデーは一人の少年を救う為にカナダの学生が始めた運動です。
ピンクのシャツを着て登校した少年がゲイだといじめられました。
それを見た2人の生徒が50枚のピンクのシャツを友人・知人に配り、翌日登校します。
学校では呼びかけに賛同した多くの生徒がピンクのTシャツを着て登校、学校中がピンクに染まりました。
その行動は、いじめの否を直接説き伏せたりすることもなく、自然発生的な力でいじめを止めさせる結果となり、
大きな社会現象を起こしました。
そのエピソードがSNSなどで世界中に広まって、今では70か国以上でいじめに対する活動が行われています。
カナダでは、毎年2月の最終水曜日がピンクシャツデーとして定められ、いじめについて考え、行動を起こす大切な日となっています。

★YMCAでは次のことを行います★
福岡YMCA天神校では2月20日(月)~2月25日(土)を「ピンクシャツWEEK」とし、以下の事を実施します!

1.ハート型に切り抜いた紙を配布し、5階DE教室横の壁に設置した紙に、
  「いじめ防止について」メッセージを書き込めるようにします。
2.その週に、ピンクの物を着用します。(日本語学校の留学生と一緒にピンクのものを身につけて集合写真を撮影します)
3.成人英会話クラスでは、各国のいじめ対策について各クラスで話す機会を設けます。

さぁ一緒に考えよう!


☆彡天神校 担当:濱田・園田
    TEL: 092-781-7410
    e-mail:f-eigo@fukuokaymca.org

前の記事を見る 一覧にもどる

このページの先頭へジャンプします